肘をはって磨きましょう。
左の歯は、左手で磨きます
本文へスキップ

より良い地域歯科医療の提供をめざして
   NAGOYA DENTAL  ASSOCIATION

メディカルニュースMedical news

  ▼歯科の訪問診療 みんなで8020運動 介護保険 歯周病から歯を守ろう 子どもの歯みがき
  中高生の歯みがき 各種歯科診査  介護する際の口腔ケア

  • 子どもの歯みがき

  •  虫歯予防の基本は、歯みがきです。きちんと習慣づけるのが理想ですが、あせらず年齢にあった無理のない方法でゆっくり身につけましょう。

前歯が生えたら


 歯みがきの準備段階として、口や歯にふれられるのに慣れるため、食後はガーゼやタオルでふきましょう。
 歯ブラシの感触に慣れるため、歯ブラシを遊び感覚で持たせましょう。


奥歯が出てきたら


 一歳半ごろになると、奥歯が生えてきます。奥歯にはくぼみや溝があり、汚れがたまりやすく歯みがきが重要になります。
 まず、歯ブラシを持たせ自由にみがかせます。夕食後か、寝る前には仕上げみがきをしましょう。


自分でみがくようになったら


 3歳をすぎると自分でみがく子も増えてきますが、まだ上手にみがけません。
 やる気を認めて自分でみがかせ、その後十分な仕上げみがきをしましょう。

<これからむし歯になりやすい場所>
   ・かみ合わせ     ・奥歯の歯と歯の間
             ・歯と歯ぐきの間

6歳臼歯が生えてきたら

肘をはって磨きましょう。
左の歯は、左手で磨きます

6歳ごろになると、第二乳臼歯のすぐ奥に、永久歯の最初の奥歯、
6歳臼歯(第一大臼歯)が生えはじめます。
 この歯は、かむ力が大変強く、歯ならびの中心となる大切な
歯です。
 しかし、奥にあるため、生えたのに気づきにくく、溝が複雑で
みがきにくいため、早期に虫歯になりやすい歯です。
 しっかり磨けているか、確認が必要です。

  →  
・6歳臼歯まで歯ブラシが届きにくので、横から歯ブラシを入れます。


小学校高学年になったら


10~12歳になると永久歯もほとんど生えそろいます。
染めだし剤などを利用し、磨き残しやすい部分を自分でチェックしてみましょう。
特に歯と歯の間は、デンタルフロスなどを利用し、上下にこすり取るようにして磨きましょう。


   子供が使用する場合は、こんなタイプが使いやすいようです。
   <糸つきようじ>       <ホルダーつきフロス>

       

仕上げ磨きの基本テクニック

 
 1.ヘッドが小さめで柄が長めの歯ブラシが使いやすいようです。
   毛先が開いたら新しい歯ブラシと交換しましょう。
 2.鉛筆持ち(ペングリップ)で軽く握ると操作がスムーズです。
 3.歯ブラシを直角に当て、軽くシャカシャカと動かすのがコツです。
 4.唇を無理やり大きく押し広げないでほっぺたを膨らませるように広げましょう。
 5.口の中がよく見えて、やりやすいのは寝かせみがきです。
   子供の頭を膝の上に乗せて安定させるといいでしょう




一般社団法人 名古屋市歯科医師会

〒460-0002
名古屋市中区丸の内3-5―18 愛知県歯科医師会館内 6階

TEL (052)962-9559