本文へスキップ

より良い地域歯科医療の提供をめざして
   NAGOYA DENTAL  ASSOCIATION

トピックスTopics


「市民健康講座 食育講演会 在宅講演会」


平成29年3月23日(木)14:00〜 
             中区役所ホール

第1部 食育講演会
演題:寝たきりにならない食事

講師:名古屋大学環境医学研究所客員研究社
            伊藤 綾香先生



講演要旨
 2017年3月23日(木)に中区役所ホールにて14時から17時まで市民健康講座、第1部が食育講演会で演題は「寝たきりにならない食事」で名古屋大学大学院環境学研究科客員研究者の伊藤絢香先生をお招きして約1時間半ご講演いただきました。
 伊藤絢香先生はアメリカにも留学されていて今も世界中を飛び回っているとのことです。伊藤先生自身も非常に食べることが好きで自身も中日ビルで料理教室を開いているほどです。
 伊藤先生によると寝たきりにならないには、お魚をたくさん食べること、お肉中心ではなく魚をよく食べることが大切。さらに今は糖質制限ダイエットが流行っていますが糖質制限ダイエットよりも更に効果があるのが地中海式ダイエットらしいのです。地中海式ダイエットとは地中海地方の料理を食べるダイエットのことで主に魚料理やお豆チーズ・ヨーグルトなどの乳製品そして1番いいのがオリーブオイル。
 この地中海地方でよく食べられる食材を取り入ることは非常によいらしく特にオリーブオイルがいいとのことでした。
 よく食べることで健康になり食事を楽しむことがさらに社会とのつながりにもなるのできちんと良質な栄養を取り社会とつながることが寝たきりにならない秘訣とおっしゃっていました。
 講演は非常に盛況で会場もほぼ満員でした。みなさん食事には非常に興味があり身近なことなので聞きやすく質問もたくさん飛び交い盛況のうちに幕をとじました。

第2部 在宅講演会
演題:すべての人に優しさと豊かさを口腔ケアができること
講師:愛知県歯科衛生士会監事 池山 豊子先生









講演趣旨
 
 高齢化社会の真っただ中、加齢とともに心身の機能の低下は避けられない。しかしそうした現実の中においても人は食べるという行為を継続していく。
こうした重要な食べる行為を支えるのは口腔機能である。その口腔機能を正常に継続的に維持するために口腔ケアはもっとも重要なのである。

人間の口の機能については、唇、舌、嚥下、唾液などそれぞれの大事な役割がある。
唇には温度のセンサー的な役割があり、粘膜で覆われており毛細血管が多いので赤い。神経がたくさんあり、敏感である。
舌には、唇と同様敏感な部位であり、掌の400倍もの神経がある。また歯がない方は舌を使って唾液とからめて柔らかくし食べ物をつぶせる強い力がある。
唾液には、1日に1.5リットルもでていて、抗菌作用があり、唾液がないと味もわからないものである。
嚥下とは、のみこむ機能のことで、加齢とともに筋力が衰えるとむせることが増える。
この嚥下機能の確認は、喉仏に指3本をあて、唾液を30秒間に3回のみ込むことができれば問題はないとされている。

介護の現場では、口の機能が衰えている人が多く、近年65歳以上の死亡原因第3位に肺炎とあるが、誤嚥性肺炎死が多いのが現状である。普段何気なく食べている食べ物でも窒息してしまうのである。
窒息する高齢者の傾向としては、@自分で食べる方  A奥歯がない方(奥歯を噛みしめると、下あごが安定しのみこみやすくなる) B認知症の方 などがあげられる
また、窒息に気を付けなければならない食べ物は海苔、白菜、マグロのたたきなどがある。
これら嚥下機能を維持向上させることに口腔ケアはもっとも効果的なのである。
また、施設内のインフルエンザや感染症予防にも口腔ケアは効果があるといえる。

咀嚼機能については、歯根膜で硬さを伝え、この硬さがおいしいと直結する。噛むと食べ物の表面積が広がり、さらにおいしさを感じやすくなる。おいしく食事をするには、楽しんで食べることが大切である。食事だけでなく、リハビリ等で立ち上がる時に、奥歯を噛みしめ、体を支える機能にも重要である。虫歯は、口の中に食べ物が入っている時間が長いほどなりやすく、中高年では、加齢とともに免疫力が下がり、歯周病が起きたりする。
すべての年代において健康な歯を保つために口腔ケアは欠かせない。

そんな中でも近年、8020該当者が増加してきたのは定期的にケアに行く等、高齢者の意識が高まってきたためだろう。ただし、認知症になるとケアできなくなり、食べ物を食べ物と認知しなくなることもある。食べ物と口との距離がつかめなくなったり、スプーンが使えなくなり、栄養が体に入らなくなる。
飲み込むには姿勢が重要で、両足を着き、姿勢を正す必要がある。
胃ろうは原因が分からずなる方も多いが、ご自分の唾をのみこんだり、口で食べられるようになることもあるため口腔ケアは重要である。

このように、口腔ケアの効果は歯と口の清掃以外に、誤嚥の予防や口腔機能の低下を助けたり、継続的に維持するために必要であり、豊な食生活を支えるのに欠かせないものである。

老人保健施設での現状をわかりやすく講演していただきありがとうございました。



平成28年3月24日(木)15:30〜 
             中区役所ホール

演題:摂食嚥下障害の評価と対策

講師:藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学T講座教授
   藤田保健衛生大学病院医療連携福祉相談副部長
                加賀谷 斉先生



講演要旨
 日本の人口は2008年をピークに減少しつつあり、22世紀初頭には4500万人くらいになると予測されている。
これは20世紀初頭と同じくらいであるが、人口分布が異なる。
特に高齢化が著しいのは実は大都市圏で起こる問題である。そうすると多死、多障害の問題が起きてしまい、要介護者が増えてしまう。
 日本人の死因の中で摂食嚥下と深く関わってくるのは肺炎であり、肺炎で亡くなる方の9割は65歳以上の高齢者となり、肺炎で入院した高齢者の6割は誤嚥性肺炎となっている。
 誤嚥性肺炎は誤嚥しなければ誤嚥性肺炎にならないので摂食嚥下障害の対策をするべきである。
 摂食嚥下障害かどうかを調べるためのスクリーニングテストとしては質問紙法、反復唾液嚥下テスト、水飲みテスト、
フードテストなどがある。その後詳しく調べる検査としては嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査を使い分けて行っている。
 誤嚥した時に人間はむせるが、重度の嚥下障害の場合むせないことがあるため検査などせずに見落としてしまうことがあるため注意が必要である。このような場合、ある日突然肺炎で入院することになってしまう。
誤嚥には飲食物による誤嚥、唾液を誤嚥、胃内容物の逆流による誤嚥の3つあり、飲食物による誤嚥は飲食しなければ防ぐことができるが残りは経口で飲食していなくても起こってしまう。
 誤嚥性肺炎は誤嚥さえしなければ起こり得ないが、高齢者は誤嚥してしまうのが当たり前である。つまり誤嚥しなくすることが難しいということである。なので、誤嚥することを前提として誤嚥性肺炎を起こさないようにしていくことが重要となる。最も効果的な方法は口腔ケアである。
 具体的には、口腔ケアを行うことによって口腔内がきれいになり、食事がおいしくなり食べようという意欲が湧く。
口から食べるということ自体が口腔ケアの一つとなっている。つまり経口で食事をしていないほど危険である。
今の医療で誤嚥性肺炎に一番効果的なのは口腔ケアである。
なぜ口腔ケアを行うと誤嚥性肺炎に効果的かというと肺炎になるのは汚いものを誤嚥するからであって、きれいなものを誤嚥しても肺炎にはならない。つまり口腔内がきれいであれば誤嚥性肺炎になりにくいということである。
 誤嚥に対する対策としては、まずは何を誤嚥しやすいかによって食事を考える。
防止する方法としてはまず、息を吸ってから止めてそのまま飲み込むその後咳をするという方法がある。少し練習が必要だが一つの方法である。他には体をリクライニングさせて嚥下させる方法がある。比較的安全であるが、座位のほうがよい場合もあるので、それぞれ見極める必要がある。

嚥下に対するリハビリ訓練には間接訓練と直接訓練があり、食べ物を使わないのが間接訓練、食べ物を使うのが直接訓練となる。
 最後に実際に自宅において何ができるかというと、食べる飲むときにむせる場合まず食事にとろみをつける、一口量を少なくする、ゆっくり食べる、リクライニングさせる、義歯が合わない人は歯科受診を勧める、口腔ケアを行う、
かたい食べ物を柔らかくする、細かく刻む、嚥下の意識化(食べることに集中させる)などを行うと改善することが多い。

講演会後の質疑応答では、介護にかかわっている方からの具体的な質問に具体的にわかりやすく説明されていました

  









一般社団法人 名古屋市歯科医師会

〒460-0002
名古屋市中区丸の内3−5―18 愛知県歯科医師会館内 6階

TEL (052)962-9559